よく見られる姿

スプーンや箸、ハサミやクレヨンなどの道具を使うためには、手指の触覚や固有受容覚を細かく感じ分けて、その違いに応じて手の使い方を柔軟に変えることが重要です。道具 をうまく使えない、使い方がぎこちないといった様子が見られる子どもは、これらの感覚情報 をうまく使えていないのかもしれません。 

手指をうまく使うには「3対2の法則」が重要です。 一般に、親指側の3つの指(親指・人差し指・中指)は「運動性」 を、小指側の2つの指(薬指・小指)は「安定性」をそれぞれ担っていて、私たちは手指の細かな操作や道具の使用ができるのです。まず、小指側の安定性が先に発達し、そのうえで親指側の運動性が発達していきます。 

さらに、それぞれの手指を別々に動かせることも大切です。これが難しいと、ハサミを使うときに薬指や小指も一緒に動いてしまうなど、手指や道具の使い方がぎこちなくなってしまいます。

支援の方向性

発達の流れに沿って、①姿勢の安定性を高める活動、②手指の「3対2の法則」の発達を促す活動、③手指のイメージを高める活動を楽しみながら行うとよいでしょう。

まず、身体の末梢にある手をうまく操作するためには、より中枢にある体幹、肩甲骨、肩、肘、手首などが安定していることが重要です。次に「3対2の法則」の発達には、小指側の「安定性」を引き出す活動として、四つ這い、雑巾絞り、ジャングルジムなど、親指側の「運動性」を引き出す活動として、コイン入れ、皮むき、ちぎり絵などがおすすめです。手をしっかりと使って、触覚や固有受容覚を受け取るために、粘土遊び、フィンガーペイントなどもよいでしょう。

NARAKAN BOOK

book8.jpg

子ども理解からはじめる

感覚統合遊び

加藤寿宏/監修
高畑脩平・萩原広道・
田中佳子・大久保めぐみ/編著

B5判・136ページ

本体1800円+税

乳幼児期の感覚統合遊び

乳幼児期の

感覚統合遊び

加藤寿宏/監修
高畑脩平・田中佳子・

大久保めぐみ/編著

B5判・114ページ

本体1600円+税

collaboration

運 営:NARA感覚統合研究会

協 力:合同会社 BASEともかな

事務局:クリエイツかもがわ

Copyright ©カンカクラボ.All rights reserved.